卒業生紹介
自由と進歩

法政大学第二高等学校は、前身となる旧制法政大学第二中学校が1939年に設立されて以来、4万人を超える卒業生を輩出してきました。1986年には法政大学第二中学校を開校し、法政大学の付属中高一貫校としての道を歩んできました。さらに2016年には男女共学化、新校舎が竣工し、これまでの伝統を引き継ぎながら、新たな法政大学第二中・高等学校がスタートしました。

ここでは、各界の一線で活躍している卒業生を紹介していきます。「自由と進歩」という法政大学の学風の中で学校生活を送った卒業生の「声」から、本校での「学び」の一端をお伝えできればと思います。