陸上競技部(中学) 御幡 風翔(2017年3月卒業)

陸上競技のほとんどは基本的に個人競技なので、まず自分の記録を更新していくことが大きな目標です。自分のために何をすべきかを考え、全体での練習の後に自主練習を行ったり、オフの日は外に出て体をなまらせないようにしています。
日々の活動から、体力がついたことはもちろん、大会での他校の選手やサポートをしてくださる先生方への礼儀、また部員たちが良い記録を出せるように臨機応変にサポートする対応力、こういった部活以外にも活かせる力が身についたと思います。
毎年陸上部では中高合同で合宿を行い、その最終日に全員が参加するチーム対抗リレーがあります。その際に、学年の壁を越えて共にゴールを目指し、全力で走って勝利への想いをバトンに乗せて次の走者に渡す、このことで心と心の大きなつながりが生まれたのを覚えています。