囲碁将棋部(中学)
3年 高橋 新大

 囲碁将棋部は週に三日、主に部室で活動しています。私は将棋に少し興味があったので将棋部に入ることに決めました。将棋部は先輩に対して敬語は使いますが、上下関係はあまりなくてなじみやすかったです。先輩たちと対局を続けて将棋の難しさや奥深さを知りました。将棋のコーチはとても強くて、丁寧に指導してくれました。将棋の大会では他の学校の人と対局ができ、とても良い経験になりました。将棋は考える時間に制限があり、思い切って行動する力、盤面を見てしっかりと状況を判断する力、どの手を打つか思考する力が必要になります。将棋を指していく中でこれらの力は身についてきました。これらの力は文化祭など様々な場面で活かせると思います。将棋は試合後に反省点や改善点を対局相手から教えてもらえるため、自分では気づけなかった事に気づくことが出来ました。一対一なのでお互いを高めあうことができ、コミュニケーションを交わし、人間関係の大切さも同時に感じました。