小原 爽楽 中学2年/学級委員長、バスケットボール部

法政二中は、とても明るい雰囲気で、個性あふれる友達や先生が多いです。そして、常に新鮮なものを吸収できる環境、お互い認め合う雰囲気があると思います。
今では友達もたくさん増え、何でも言い合えるような仲に深まりました。学級委員長として、みんなをまとめるのが大変ですが、お互いに成長していければと思っています。
大学の付属校のため学習面のサポートもしっかりしています。どの授業もわかりやすいです。私は理科が好きです。あるテーマについて、「なぜ、そうなるか」ということについてクラスで徹底的に議論したことがありました。話し合いの中で自分の意見を主張するだけでなく相手を尊重することも学び、他の人の意見を聞くことで自分自身も成長できたと感じます。法政二中は全教科に力を入れています。いろいろなことに取り組むことで視野を広げることができると感じます。
また、6月の体育祭では、何事も積極的にチャレンジしたいという気持ちから応援団に挑戦しました。応援練習ではダンスがありましたが、自分自身が覚えるのも、教えるのも時間がかかり大変でした。がんばった結果、優勝できたのでとても嬉しかったです。とても疲れたけれど達成感があり、スポーツを通してみんなと協力することの大切さを学びました。
部活動はバスケットボール部に所属しています。スポーツは苦手でしたが、これも新しいことにも積極的にチャレンジしたいという気持ちから入部しました。
これからもみんなから信頼される人でありたいです。そのために心がけていることは積極的にコミュニケーションをとること、相手を理解・尊重することです。今後の学校生活においては「継続は力なり」の通り、いままでやってきたものはやり続け、かつ様々なものに挑戦していきたいです。そして社会に出た時も臆することなく、様々なことに挑戦していきたいと思います。