高校3年3学期

現代福祉学部・文学部心理学科クラス

高校3年3学期

人類はこれまでペストやコレラといった病気と格闘してきました(ペスト菌の発見者は北里柴三郎博士)。アルベール・カミュの『ペスト』(1947年出版)には、外部と遮断され、閉鎖された町を舞台に悪病と格闘する人々の姿が淡々と描かれています。しばらく「コロナ禍」が続くとみられる今年度は昨年度に引き続き「コロナ禍における『持続可能な社会』の構築を目指して」を大テーマとして挙げたいと思います。人類がこれまで取り組み蓄積してきたさまざまな分野での知的財産、成果について、総合的に関わらせながら、「現代福祉」また「心理学」を多角的に捉え、考える機会としてほしいと思います。

2021年度 現代福祉学部・文学部心理学科クラスの取り組み

取り組み 1

1月13日(木)より本格的な活動を開始しました。1月中は、講演会、フィールドワーク、映画の視聴、高齢者・障がい者・妊婦擬似体験など、「インプット」の期間として取り組んできました。狭義の福祉、心理分野だけに留まらない現代社会の問題・課題についての認識を深めていきました。

1月13日(木)スクールカウンセラー講演会

スクールカウンセラーの池上先生の講演を聴き、「アイス・ブレイク」他、ワークショップを行いました。このクラスには現代福祉学部と文学部心理学科の進学予定者がいますが、どちらにも共通して大切な人と人との関係について、改めて気づかされた取り組みとなりました。

1月14日(金)現代福祉学部長講演会

現代福祉学部の学部長でいらっしゃる水野雅男教授からお話を聴きました。「普通」という言葉についてや「あなたは『健常者』ですか?『障がい者』ですか?」という質問に「ハッ」とさせられました。

welfare02.jpg

1月18日(火)映画「きみはいい子」視聴

高校1年生の国語の授業で読み、グループ学習やその発表などを行った小説『きみはいい子』を原作とした映画を観ました。原作を読んでイメージしていたことと違っていたり、原作にはないものが組み込まれていたりすることも発見しながら、また、俳優さんたちの演技を通じて改めて伝わってくる「現代における問題」を再認識する機会になりました。

1月19日(水)フィールドワーク、JICAプラザよこはま見学

横浜赤レンガ倉庫近くにある「JICAプラザよこはま」へ行きました。職員の田中さんの講演を聴き、企画展示『全ての人に食と健康と繁栄を』を見てきました。港の見える「Port Terrace Cafe」での昼食は諦めました。

welfare03.jpg

1月20日(木)映像資料視聴・大学オリエンテーション

現代福祉学部のメンバーは映像資料「ようこそボクらの学校へ」の視聴、文学部心理学科のメンバーは法政大学入学前オリエンテーションをオンライン(リモート)で行いました。心理学科田嶋圭一教授のお話しを聴き、グループに分かれてのワークショップも行いました。心理学の講義の雰囲気を味わいました。

1月21日(金)体験学習

中原区社会福祉協議会の協力を得て、現職の介護福祉士の方を招き、車椅子の乗車と介助、視覚障害体験と介助、重りをつけイヤーパッド、白内障疑似体験のフィルターもつけて、体験学習をしました。また妊婦体験も行い、女子は「愛おしそうに」おなかの重りをなで、男子は大きいおなかでの行動をけいけんして「『お母さんありがとう』と改めて感謝の気持ちが湧いた」と言っていました。

1月25日(火) 映画「こんな夜更けにバナナかよ」の視聴

映画「こんな夜更けにバナナかよ」の視聴をしました。実在した進行性筋ジストロフィー患者の鹿野靖明さんと学生ボランティアたちを描いた同名のドキュメンタリーを原作とした映画で、主演の大泉洋さんの演技が「重たい問題」を「スッ」と受け入れられるようにしてくれています。

1月27日(木)OG講演会

現代福祉学部福祉コミュニティ学科から2年生と3年生のOG、臨床心理学科から2年生のOGにお願いして講演してもらいました。
文学部心理学科進学予定者もいるので、臨床心理学科の大学生には、卒業後に取得できる資格とそのために必要な履修科目についても説明してもらいました。福祉コミュニティ学科の方も資格について話してもらいましたが、浅くても広範な知識と興味、行動力が求められるといったことにも触れていました。3年生の方からは、4年生や、卒業後のこと、就職活動などについて話してもらいました。「進路決定の時にスポーツ健康学部にするか、現代福祉学部にするか迷った末に現代福祉学部にしたが、3年3学期の取り組みで、子どものことを調べていくうちに、進路への確信が持てるようになり、大学での学びの内容も固まってきた」とおっしゃっていました。

welfare07.jpg

1月31日(月)ポスターセッション(プレゼンテーション)

以上のような様々な取り組みを通じて、自分の問題意識を持って取り組む課題として「ポスタープレゼン」を行いました。個人で1テーマを設定して、模造紙1枚に発表内容を表現して説明、主張する取り組みをしました。一人最低一つは文献を読み、問題・課題を紹介し、今後の学びについて発表するものでした(写真#8は「ポスター」作成中の様子)。

welfare08.jpg